自家製野菜を販売するためにネットショップを作るには?

2013.6.29|インターネット販売 売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

自家製野菜を自分で売りたい

直売所に出店するだけでは

地元の農家さんたちもいて

 

低価格でしか販売できないことありますね

 

特に老後の趣味で利益度外視で

野菜を作っている人と同じ市場だと

野菜の値崩れが起きていて

 

野菜を作って生計を立てている農家さんにとっては厳しい現実があります

直売所は消費者と趣味で作っている人にとっては凄くありがたい市場ですが

手をかけてこだわり野菜を作って、それを商売としている有機農家さんにとっては

高い野菜を売っているだけになってしまい、売れ行きが悪く

値段を下げざるをえない状況に陥ります…

 

それなら都会で有機野菜を求めてる人にインターネットで販売できると

価値が認めてもらいやすくなります。

都会のスーパーでは野菜が高いので、それならば農家さん直送で

体に良い物を食べたいという消費者は沢山います。

とくに子育て世代の親は子供に安全なものを食べさせたいという気持ちが強く

送料を払ってでもいいものを食べさせたいっと考えているのですね。

 

そこの市場にどうやってあなたの野菜を知ってもらい選んでいただくかを考える必要があります。

今、野菜を自分で販売したいという農家さんは多く、インターネットに参入している人が

急増しています。

 

しかし、野菜を販売するネットショップをどうやって作るの?

っと、よくご相談を受けます。

私自身農家さんの代行で農作物を販売知るネットショップを運営していますが

スポンサードリンク

農家さんはネットショプを作る知識は0です。

 

すべて私が代行して写真を撮り、文章を書き、注文をいただき発送までしています。

インターネットは苦手…怖い…難しそう…

そう考えてしまっているのですね。確かにやったことなければ不安がたくさんあると思いますし

お店さえ開けば売れるといったものでもありません。

 

売れるネットショップを作らなければ無人島にお店を開けているのと同じで

経費だけがかかってしまうこともあります。

さらにページ作成だけでなく、発送や梱包、お客様とのやり取りも覚えないといけません

 

野菜を販売するためにネットショップを作るには?その合間に農作物も作らないといけないので途中で挫折してしまい

結局市場や農協、直売所のみで剥離で出荷するしか手段がなくて

悩んでいる農家さんが非常に多いのです

 

私がネットで農作物を販売しようと思ったきっかけは

援農をした時に労働力に見合わない価格で出荷せざるを得ない状況を

知ったからです。こんなに美味しいのになぜ、輸入の野菜と同じ価格で

出荷しないといけないの?そう思いました。

 

 

きっとあなたもそう思っていると思います。

それでは生計立てれないという厳しさも知ってますし

人になかなか相談できないこともわかります。

もしよろしければ私にお気軽にご相談ください(^^)

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL