農協を通さない米農家の選択は儲かる?儲からない?

2013.12.17|お米の販売方法・許可 インターネット販売 農家さんの嘆き

このエントリーをに追加

儲かる米

スポンサードリンク

農業は儲からないと言われています

その対策として農協を通さない販路の開拓を

実践されている農家さんが増えてきました。

 

米農家さんの販路は50%以上が

農協を通さずに、自分で顧客を獲得しています。

 

農協を通さないで販売することに対して

賛否両論あります。

果たして…

 

農協を通さない農家の選択は儲かる?儲からない?

実際、農協に出荷している農家さんに話を聞いた所、

儲からない との答えでした。

一生懸命作っても結局ライスセンターに持ち込むと

他のお米と一緒になって自分の作ったお米ではなく

混合米になるということで、とにかく手間ひまをかけたとしても

個人の価値を見出してもらえないので、こだわったいいお米に関しては

自分で販売して価格を上げたい。そうおっしゃっていました。

 

その流れで、自分で販路を持っている有機栽培米の農家さんに

お話を聞くと、自分で販売するほうが儲かるとのこと。

ただ、それは こだわり米、美味しいお米。 このお米が食べたい!

とリピートをいただくことが前提であり、特に何の特徴もないお米に関しては

顧客がつきにくいし、価格を上げても売れないだろうとの見解。

 

あなたのお米以外を食べると、子供が違いに気がつく

 

というほど味に差があると言った魅力を兼ね備えていて

リピートをずっとして頂いて口コミで広げてくれている。

ネットを使わなくても未だアナログで販売している農家さんです。

理由は味の知らない人に多方面で売りたくないから。と

 

その米農家さんは栽培方法にこだわり、話をすると何時間にも及ぶほど、

スポンサードリンク

米作りに情熱を注いでいます。そのこだわり米を高いとか言われても

うちはそれだけの価値があるからと自信を持っている。

そして自分の家で食べる分も残らないほど、作っている段階で

顧客がすでにいるのです。自宅のお米は他の農家さんの米だと言ってました

顧客がリピートされる時のために確保しているからです。

 

お客さまにお届けするものは品質が変わってはいけない

と常に意識をしているので、米が足りない時に、他人の米を出荷するのではなく

自分のお米を届けるといった徹底ぶりで、顧客ももう増やさないようにしているとのこと。

 

 

ただ、農協を通さないほうが儲かるけど、こだわりの手法と作付面積と

人的な労力の限界もあり、手広く手がけられないため、

顧客は増やしたくても増やせないし、品質も劣るので手は広げない。

ただ、実際の所、お米だけでは生計を立てることが難しく他にも収入源を持っています。

これはお米を作り続けるための手段でもあると。

 

農協を通してしまうと自分の米の本来の価値、労働の対価が下がる。

だから自分でこだわりのお米を売る。

農協を通さないで儲けるためには、販路の開拓とこだわり品質、

リピーターの確保、作付面積と労働力が十分必要、そういう答えですね。

 

これは農業にかぎらずなんでも言えることですが

自分で売るということ、そして品質に自信があること、

売ることに責任を持てることというのは重要ポイントです。

まとめて納品して他に紛れているので個人には責任が無い、文句も言われない

そういった体制でずっとやってきた人にはしんどいことでしょう。

 

スポンサードリンク
コメント一覧
  • 現在野菜米穀肥料を運送している業者です。産地から消費地までの流通を担当しています。野菜米穀肥料の販売を店舗での販売を計画しています、当初ネットでの販売を検討したいと思っています。
    ネット販売でのご指導等宜しくお願いします。
    共同物流㈱ 畠山赳夫


    2014年8月10日 1:19 PM | 畠山赳夫

    • 畠山様 コメントありがとうございます。
      野菜販売に特化したサイトになりますが基礎的な部分は同じですので
      お役に立てると嬉しいです。よろしくお願いいたします


      2014年8月11日 5:09 AM | 野菜販売方法レッスン

この記事にコメント

*

トラックバックURL