野菜やお米の販売方法を知らないときはプロに任せる

2013.5.16|インターネット販売 売れる農家になるための方法 農作物販売の実例

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

野菜の販売方法がわからなくて
農作業で忙しくて勉強する時間がない場合
ページ制作や販売代行を
プロに任せる方が早いこともあります。

 

もちろん自分ですることがベストなのですが
そこで時間を費やして進まないのであれば
感覚をつかむためにも、
前進してもいいと思います。

 

ただし、、、計算に合わないと
農協さんに出している方がいいこともあるので
きちんと計画を立てる必要があります

 

お米の販売方法でのトラブルを一件紹介します

お米を作っている農家さんなのですが
わかりやすい数字にしますが、
当時、お米を農協に5000円で出荷してたとします

 

それが割に合わなくて、一件一件
近所を回って販売していると言ってたので
私のネットショップで販売しませんか?

 

と話をしたのですね。
自分で売り歩いても近所も農家が多く
せいぜい、5000円が5500円だそうです。

 

では5000円のものを6000円で買い取るので
農協より1000円利幅が増えますよ
近所を売り歩くより500円利益が増えますよ

 

っということで提案しました。
そこで始めは乗り気でした。
で、話は進んでいったのですが

 

私もそれから、ネットで全国の相場を調べたり
このお米の魅力を伝えようと
勉強したのですね

 

そこで、販売経費や送料など追加したら
当然6000円で売ることはできないのは
普通わかりますよね?

 

だから例えば6000円で仕入れたものが
経費とちょっと利益のせて
9000円になったとします。

 

すると、、、

 

その農家さんは私が3000円儲けてる
っと錯覚をしたんです。

スポンサードリンク

 

農業経営なので経費がかかることを説明しました。
クレジットカードで購入したら
カード手数料も取られるわけです
ホームページもつくらないといけません。
送料もいります。

 

なので9000円で販売しても
1000円も残らないわけです。

 

だけど何度説明しても、
私に利益が残るのが悔しいようで

 

「自分でやる!」

 

っといったんですね。

よく考えて欲しいのですけど
最初農協で5000円で割に合わないから
6000円が私が買い取ると言ってる条件を
忘れているのです。

 

そしてネットで集客することの知識を
簡単に得れると思っていたのでしょう。

 

欲が出てきて自分で売れる気になって
自分でする!っというので
私は ではご自身でお勉強をして
頑張って売ってくださいね

 

っと円満に終わらせました。

 

その後、未だに
ネットで販売することもなく
文句を言いながら、農協に出しているっといった
状況です。

 

非常に残念ですけど聞く耳を持たない人で
仕方ないです(><)

 

ネットで販売するのは非常におすすめですけど
集客と売り方を学ばないとできないのです。
私は集客と売り方を知っているので

 

計算のできる農家さんは
私に任せてくれて作ることに専念しています。
ネットで販売することを覚える余裕がないし
市場に出すより高く買い取ってもらえるんだから

 

っと考えることができるのですね。

 

そういう方はのちに自分でやりたいっと言ったら
1から丁寧に教えようと思っています。

 

あなたも絶対に自分で販売する方法を
身につけるほうがいいですけど
慣れないうちはプロにお任せしながら
徐々に自分でできるように学んでみても
いいかもしれませんね♪

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL