ブログで野菜が売れない?SNSの間違った使い方に注意

2014.4.28|インターネット販売

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

自分の作った野菜販売や自分の商品や
イベント告知など
ブログを書いてみたりFacebookで
挑戦したけど反応も少なく

 

ブログやFacebookで商売にうまくできないと

 

お悩みの方にお話します。
これから取り入れる人も要注意です。

 

一生懸命やっているのはわかりますが
ブログの記事が完全に【売り込み臭い】
ということが大きく見えます。

 

もし興味があって検索で来た人にはいいのですが
例えばTwitterやFacebookで
口コミを広げてもらおうと考えて
ブログをFacebookやツイッターと連動させている場合

 

正直いいねが少ない、広がらない
なんてことありませんか?

 

当然です。

 

だって興味のない人は売り込まれるブログを
いちいち拡散しようと思いません。

 

もちろん売るのが目的なので
売ろう売ろうとする気持ちは分かりますし
売らなきゃ仕事にはなりませんが

 

口コミしてもらおうと思うと売り込むだけではダメです。

 

何でその商品が必要なのか
何でその商品がいいのかということの
説明がすごく少ないのです
(自分がわかっているから
うまく言葉にできていない)

 

簡単に言うと

 

◯読んだ人が人に教えたくなる!

スポンサードリンク

 

という部分が欠けているのです。
それを毎回されると…
興味ないのに売り込み目的はうざい…っと
嫌がられる原因になります。

 

Facebookが効果が無い、ブログが効果が無い
というのではなくて
使い方がうまくできていないということですね

 

販売ページとブログの位置づけって
また違います。
ブログはあくまでも販売ページに誘導するところであり
売り込むところではありません。

 

それをFacebookに持ち込むと
いいねする側は自分の友だちにも
それが見られるわけですから

 

見せようと思わないものには
いいねしません。

 

応援とはまた違うんです…

応援はするけど毎回売り込んでいるものに
その都度いいねをするのはどうかと思うわけです。

 

口コミを狙っている場合は
うまく活用してナチュラルに
ファンを作りましょう

 

まず売るんではなくて
知ってもらうことからのスタートです。

 

そしてFacebookを使うなら個人ページでは商用禁止ですから

あくまでもブログへの窓口やファンづくりにして

フェイスブックページを別で作ってそこで販売促進をしましょう。

 

 

続きの記事はこちら

⇒ 自分の作る野菜を売るためにプライドと自信を持とう

 

 

 

 

スポンサードリンク
コメント一覧

この記事にコメント

*

トラックバックURL