楽しいところ・共感する(お店)にファンは集まる

2015.5.2|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

援農

スポンサードリンク

インターネットのショップやサイトは

 

膨大な数があります。

その中で、見つけていただく

選んでいただくには

相当悩んでしまいます。

 

  • たくさん商品を揃えた
  • 綺麗なページを外注した
  • 一生懸命作った

 

など、売れる理由をお店の見た目や

自分の満足度にフォーカスし

お客様が観ることを意識できていない

綺麗だけども売れないショップを

目指す人もいます。

 

綺麗で品揃えが豊富なのは理想ですが

そこにたどり着いたとしても

  • 店主が楽しそうでは無い
  • 機械的

そういうお店は避けられます

大手というネームバリューや

お金をかけてできるお店とは

やはり違います。

 

時折ブログで

文句ばっかり書いている

ぼやき的な日記を書く人も居ますが

個人ブログならまだしも

農園の園主としてどうでしょう?

 

例えば。。。

あなたがパンを買うときに

 

寝ずに作って寝不足でしんどいし

スポンサードリンク

立ち仕事で脚も痛いし散々ですわー

 

といっているお店から

なんか買いたくないですよね…。

やはり

 

  • 作り手さんが楽しんでいる
  • 食べて喜んで欲しいと思っている
  • 情熱が伝わる

 

そんなお店だと心が動かされて

ついついファンになりますよね

 

言い換えると

 

待っているお客様がたくさん居るので

ついつい徹夜で作ってしまいました!

立ち仕事で脚がパンパンですが

パン屋ですからそれもありです♪

 

なんて明るく言う方が嫌みも無く、

応援もしてみたいし愛情感じるし

買ってみようと思いますね。

 

 

頑固親父のキャラクターでもいいですが

その頑固さが不快に思うようであれば

売れないですし

売れないなら成り立ちませんよね。

 

当然ご自身の商売なので自由ですが

売れないと悩んでいるのであれば

お客様の方に目を向けてみることも

大事です。

 

かといって

自分の核の部分だけは見失わず

運営してください

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL