農家さんのネットショップ制作を外注に依頼するときの注意点

2015.5.27|インターネット販売

このエントリーをに追加

直売するには

スポンサードリンク

農家さんの中でネットショップ制作が

難しいので外注に依頼する所も有ります。

 

営業電話がかかってくる場合や

自分で探して依頼する場合もありますね。

 

苦手なことはプロに任せるというのは

非常に正しい選択ではあります。

自分で作って自分で集客してと

色々手がけているうちに

やっぱり時間もないし

タイミングよく営業電話がかかってきたし…と。

 

SEOやアクセスアップ

ホームページ作成を承りますと言われ

断りにくくなりお願いすることも。

 

だいたい自分で勉強し、悩み始めた時に

タイミングよく電話がかかってくるのですが…

(私も店舗を作る度に掛かってきます^^;)

 

私は自分でページが作れることを第一に

おすすめしていますので

お任せする判断は個人個人の自由ですが

もし依頼をするとなると

商品のことを知知ろうとしている、

お客様の立場で作ってくれる業者に

お願いをするようにしましょう。

 

きれいな写真きれいなデザイン、

そういうページと売れるページは違います。

商品説明文に心がこもっているか

伝えたいことが伝わっているか。

お客様がほしいと思うかを意識する

そういうことも大事です。

 

なんといっても制作している人が

実際に食べてみて作ってもらうというのが

一番良いです。

 

私自身、農作物や加工食品の

ネットショップの制作を代行でしていましたが

すべて試食、取材に行きました。

写真を撮らせていただき

スポンサードリンク

生産者の思いを聞き

そこから思いを込めて作っていました。

 

もちろん近くの生産者さんだったからなのですが

遠方でも基本は商品を送ってもらいます。

 

最初はすごく質問の回答を面倒臭がられました

なんでそんなことまで聞くの?

と怪訝そうに怒った農家さんもいました^^;

メルマガにも書いたことありますね。

 

でもそうじゃないと心をこめて作れないです。

気持ちはページに言葉として表れてきます。

 

余計な経費がかかるなと思うかもしれませんが

外注に任せて売れるページにするためには

商品のことをわかってもらうようにすることを

取り入れるようにして下さい。

ヒアリングなどをしっかりしてくれる

そういう所が良いですね。

 

なので電話で一方的にノルマに追われて

営業してくる業者はあまりオススメできません。

 

経験上、同じ会社から何回も違う人から

掛かってきたことがあり

横のつながりもなくノルマに追われて

ランダムにかけてるんだなあと感じましたので…。

 

 

たまに読者さんから外注の相談がありますが

ネットショップというよりは地域性を活かして

問い合わせをいただき、

注文を受けるというスタイルでは

こちらをオススメします。

最強ホームページの事例など

無料パンフレットが頂けます。
田舎集客
 請求はこちらをクリック

信頼できるところなので

ぜひ無料請求してみてください。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL