ネットの時代に田舎で野菜販売の商売は無理ですか?

2016.6.24|売れる農家になるための方法 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

野菜が売れない

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンでは

日々メルマガ講座の登録があり

お問い合わせを頂いている状況です。

先日頂いたご相談のシェアです。

個人がわからないように伏せ字にしています。

 

ネットの時代に田舎で商売するのは無理ですか?

とありましたので、田舎だからこそ、

ネットを使いましょうという意味を込めて返信しました。

はじめまして。
よろしくお願いいたします。
分かりやすく、内容に共感しておりますので、
是非、頑張っやってみたいです。

 

課題が有ります。
現時点での行動は、現住所の◯◯に滞在二週間、栽培地は電波が届かない田舎に滞在二週間です。
栽培野菜は◯◯と◯◯です。
離れた畑まで行ってスマホでネットを開いています。
自宅に帰った時にパソコンがひらけます。

 

農林水産省に乾物を確認しましたら、乾燥させるだけのものは、許可無しで自由販売可能とのことでした。
現時点では生野菜は、お客様への納品に多少ネット問題がありそうです。
ネット時代にこの様な田舎での商売には無理がありますでしょうか
ネットショッピングやりたいです。
なにか良い方法ございませんでしょうか。
人も入らない田舎での機能野菜の生産と、販売が夢です。
元気な6◯歳です。

返信

スポンサードリンク

 

今ある課題に関するご相談ですが 乾物が扱えるようでよかったです。
ネット時代だからこそ田舎でも仕事ができます。
田舎だからこそ、ネットを活用して下さい。
ネットがお店であり24時間の営業マンです。
◯◯様の言葉をWEBに反映させて営業マンを育てて下さい。

 

ネットショップは初心者の場合メールマガジンでもお教えしている
BASEが良いかと思いますが様々な機能を活かすのであれば有料
検討されてみると良いです。

 

少し前にブログ記事にも反映しました

 

ですがそれなりにスキルが必要なので
習得するまでにお時間はかかりますが
出来上がると田舎に居ながらにして
全国に営業することが可能になります。

 

電波が入らないというのは
ネット回線もないということでしょうか?
(後にスマホでネットに繋げるとは書いていますが…確認)

 

その場合は、お店にその旨を記載し

 

24時間無給でお店は開いていますが
栽培時は電波のないところで仕事をしているために
ネットの確認が取れません。
ご不便をおかけいたしますが

 

7月の注文受付返信は◯日~◯日
8月の注文受付返信は◯日~◯日

 

になります。
お急ぎの場合は
◯◯◯ー◯◯◯◯ー◯◯◯◯(連絡の取れる電話番号)
まで◯時から◯時までお願いします

 

と正直に記載すると良いです。
連絡がないことがお客様が一番不安なので
最初に誰でもわかりやすいように
目立つ位置に書くようにされて下さい。

 

できれば注文を受けた際の返信メールにも
自動でその旨が流れる仕組みがあると良いですが
BASEの自動返信メールにはその仕組みがないので
どうしてもという場合は他のショップのほうが良いかもしれません。

 

お客様になるべく不便な点や不明な点がないように
ショップの説明文などをしっかりかかれることを
意識して下さい。

 

よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL