めんどくさいことをやった方が良い結果を生む

2014.12.1|野菜の販売方法

このエントリーをに追加

売れるキーワード

スポンサードリンク

農家さんが初めて直売や
インターネット販売を始めようと思った際に
色々調べて勉強をしたりしますが

 

  • 本ばかりずっと読んでいる
  • 実際に自分がするとなると難しい

 

などの理由で自分に出来る方法や

時間が無いなどの言い訳に変わったり
言い方をストレートにすると
めんどくさいことをしなくてすむ方法を
探し求めるのですが

 

めんどくさいことを
やったほうがトータル良い成果が出ます

 

知識が無いままめんどくさいことを
やらなくてすむ方法をひたすら考えているより
とにかくやってみる方がいいです。

めんどくさいこと=やったことが無いこと

このめんどくさいというのは
実はやったことが無いだけ
ということが多く、本を読んでいても
一向に解決しないのは
農業でも同じではないでしょうか

 

良い土作りで本を読んで勉強したり
人から聞いてそうか!と思ったら
実際に土作りをしてそれから結果が出ますよね
もうちょっとこうした方がいいとか
こうやったから良くなったなど見えてきます。

 

この肥料が良いと言われ
育てていってから答えがわかります。
本に書いているけど天候や環境で
実際はやってみないとわからない。
だからこそ試作と改良を重ねる。

実践して答えが見つかれば次からは普通にできる。

新しいことをするとどれでも同じです。
実際にやって答えが出ます。もちろんすぐに出ません。
ですが何も実践していないうちに
自分の今の知識の出来る範囲で
一生懸命考えても時間のむだになるので
自分なりに実践した答えを出しましょう。

 

めんどくさいがめんどくさくなくなります
(できないができるようになる)

スポンサードリンク

 

自分が出来る範囲のことで成果が出なきゃ
やり方を変えた方がいいし出来ることを増やすことに
視点を置いてくださいね

 

メールマガジンを配信していて

読んで勉強してそれ以上先の

実践 に至れない人もいるので

参考までに記載しました。

 

必要がないならいいのですが

少なくとも必要性を感じて

知りたい、やってみようと思ったのであれば

その気持ちが出来ないに負けないよう

実践してくださいね

メールマガジンでは実践者に対する

助言もしているので作ったページなどを

見せてください^^

 

嫌なことを言われると
どんどん拒否反応が出てきますが
私自身6年ほど、いや、今でも
インターネットでの作業をすることが
好きではないです。必要だからやってます

 

好きじゃないから覚えたくない・覚えが悪い

 

そういうこと私にはあります
ですから自分の仕事で必要最低限しか覚えません
それでいいと思っているので

 

私自身は教材はその仕事に関係ない
無駄なことは一切お教えせず
逆に必要なことに特化して詰め込んでいます。

 

わかりやすく言うと
エクセルでグラフが作れるのは
ネットで収入を得るためのブログや
ホームページを作るのに関係ないスキルです。

 

それも覚えなきゃとか考えると
一向に進みませんが安心してください
ブログはブログのノウハウであって
ワードやエクセルで様々なことが出来る必要ないです。
(経理とか請求書とか別の仕事で必要な人は別です)

 

私が全く出来ないので
強調してしまいましたが
必要ない部分に関しても
知ろう知ろうとするのは
向上心の現れでもありますが
時に弊害になりますからね^^;

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL