野菜のネットショップでアクセスが急激に集まり売れるキーワード【皮肉付き】

2014.6.1|インターネット販売

このエントリーをに追加

売れるキーワード

スポンサードリンク

私が過去に某ショッピングモールでの

ネットショップを運営していた時に

 

毎回毎回不思議な現象があり

傍観していました。

皮肉になるので誰にも言ってませんでしたが

 

これからネットショップをする人にとって

参考になることでもあるし

読む人にとって面白い話と思うので

 

今回ちょっとお話します。

 

 

ネットショップでアクセスが急激に集まり売れるキーワード

おお!これは知りたい!と期待するタイトルですが

実は超ネガティブなことです。

 

某ショッピングモールでは 途中から店長ブログというものが出来ました。

それまではショップしかなかったのですが店長がブログを書くことで

お客様や店長同士交流を結びましょうとい目的だったと思います

 

私は出来た一番最初にスタートして

最初はよくわからないのでいろんなお店の店長ブログを見ているうちに

気の合う店長友だちができて、お互いにイベントを開催したり

お客様に店舗情報をシェアしたりとうまく活用して

会社を辞めた今でも仲良しの店長は数名います。

 

それぞれジャンルは違えど、どっちかというと心と心の交流で

仲良くさせてもらっていたからか、コメント欄も盛り上がっていました。

そうすることによって店長の人柄もわかるし賑わい感も出ます。

 

でも当時そんなこと考えもせず、ただ単に自分の日常や経験談を

書き綴って勝手にプライベート丸出しで盛り上がっていました。

ブログの効果が売上につながってたと気づいたのは後からです。

 

さらに、交流のおかげで孤独な店長業務の息抜きになり

精神衛生上、楽しく運営が出来ました 笑

夜中に更新してもほぼ同じ店長たちの足あとがあるという連帯感っ

 

それと ネットショップでアクセスが急激に集まり売れるキーワード が

どうつながりがあるのかということですが…

 

他店の店長ブログというのは当時売り込むだけの情報配信で

交流を図ろうとしたものではないブログが多く見受けました。

(今は知りませんがきっとそうではないと思います。)

 

もちろんそんな情報はファンではないので別に知りたくないから

人は集まりませんしコメントもありません。

 

だけど

 

とあることをタイトルに書くと急激にアクセスが集まり売れるのです。

 

はい、じらさずに言いますが…

 

【今月末で閉店します】

【今週いっぱいで閉店します】

【今までありがとうございました】

【閉店のお知らせです】

 

などというブログの記事タイトルです。

観た瞬間に、あ、この店舗閉鎖するんだ!っとわかりますよね。

店長たちは日々自分たちのお店の運営にも悩みを持っているわけですから

他店がそういうことを書くと、

 

ドキッとしたり、好奇心が湧いたり、明日は我が身!と思い

普段読まない人も飛んで見に行きます⇒アクセスアップ

スポンサードリンク

 

 

ああ、この店舗も頑張ってたけど課金や広告費や安売りで大変だったんだなあ

っと某ショピングモール店長ならほぼ共感することです。

そこで、なんだか親近感や同情心が生まれ、閉店セールとなっているものを

購入してあげます⇒売上が上がる

 

今まで見向きもしていなかったけど閉店となると急に買おうとしてしまいます。

お疲れ様の意味も込めたり、終わるということの励ましと応援です。

 

これって応援のつもりかもしれませんが全然応援ではありません。

単なる同情と名残惜しさだけです。だってもう閉店ですから…。

逆にライバルが減ってホッとしてるかもしれない優越感も含む人も。

 

 

私の周りの店長仲間はお互いメルマガに名前が登場したりと

わいわいがやがや閉店の同情ではなく自然に商品を紹介しあったり

ライバルではなく共に上がろうという心構えでした。楽しかったなあ…

 

 

…話は戻り、

このスパイラルを何回も見てきて(出入り激しいので)

やっぱり多くの人は普段は何も思ってなくても

 

  • 情が移ると購入する
  • 無くなると思ったら欲しくなる

 

といった生き物なのだと傍観していました。

アクセスやコメント数が毎日ランキングで出るので

急浮上しているとすぐに分かるのです。

そういう目線で無意識にチェックをしていました。

 

 

 

ですから売れるキーワードに関する答えは

 

ネガティブで共感できる記事タイトルはアクセスが集まる

 

ということです。

 

 

皮肉を書きましたが…

このような状況にならないように注意しましょう^^;

ただこの法則を置き換えて

 

人が悩んでいることをズバリ言い当てたタイトルにして

解決策を見出す商品の見せ方だと売れます。

kabu

野菜の場合だと、

 

健康の悩みや美容の悩みを言い当てて

解決したいならこの野菜食べるといいよ っという感じと

限定性を出す ことですね^^

 

ここ大事なとこです。参考にしてアレンジしてください。

 

 

 

——————————————–

ネットショップの経験を踏まえ
販売方法を記載しています↓
週末農業

↑画像クリックでアマゾンのページが開きますので

内容をご確認下さい

 

書店では紀伊國屋でお買い求め頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL