規格外野菜の通販では売ろうとして実物よりよく見せない

2014.7.9|農作物販売の実例

このエントリーをに追加

yasai3

スポンサードリンク

規格外野菜を通販で

売ろうとして実物よりよく見せない

これ大事です。その理由は

 

期待が高ければ高いほど

・がっかり感が倍増
・二度と買わない
・ネットの書き込み
・クレーム

につながります。

特に規格外野菜の場合は

正直にその旨を掲載しましょう。

 

写真や、規格外野菜になった理由、味は変わらない、

なんで安くしたのかなど

 

消費者が納得の上で購入するという説明が必要です。

 

そんなこと書いたら売れないんじゃないの?

と思う人もいて、傷など隠してよく見せて販売する人もいますが

絶対にそれはやめた方が良いです

 

信頼がガタ落ちします。

スポンサードリンク

 

私の場合、規格外の果樹も、例としての写真をすうまい掲載して

それでも味は変わらないですと きちんと伝えた上

 

進物用ではなく家庭用としてご賞味ください

 

と記載していました

そうすることでクレームは0です。

悪質な書き込み?もなく喜んで購入していただけました

 

ようは素直に理由を説明して、納得してもらうことで

文句は言われることはないのです。

 

ただ、食べれないものはだめですが…

 

男女でも、つきあい始めて、素顔を見たらがっかりしたなど

昔からネタでありますよね

化粧でよく見せたり、性格よく演出してアラが出て嫌われたり。

これも最初から素だとしたら、わかっている人が付き合ってくれます

 

何でも良く見せようと背伸びしてしまうとあとで苦しくなるし

長続きしないのです。

 

参考にしてください

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL