国産米を激安ブレンド米に負けずに販売する方法は?

2013.9.11|お米の販売方法・許可 売れる農家になるための方法 農作物販売の実例

このエントリーをに追加

bi

スポンサードリンク

先日の豪雨により倒れた稲も乾燥してきて

稲がちょっと浮いてきて稲刈りがしやすくなっていました

 

稲刈りの本番時に天候に恵まれることに
なればいいなと心底思っています。

 

私は過去に棚田米の稲架掛けした美味しいお米を
販売するページ作成のお手伝いをしたことがあり、

 

市場調査をした時に
残念ながら稲架掛け米の手間と美味しさを加味すると
消費者が一番好む安売り販売は出来ませんでした。

 

ホームセンターやドラッグストアでも激安米が
かなり販売されていますよね^^;
価格比較されたら無理なわけです。

 

お米を購入する消費者も激安米と
美味しいブランド米の差を知らないと
何で高いの?と思われるくらいなので

 

ネットでの販売ページ作成に力を入れました

 

この棚田米がなぜ美味しいのか水や気候や土壌の
良さの説明をしっかりしました。

 

そしてまず入り口とお試し米として
3合だけを販売したんですね
実質それはたくさん売れるけど、
30kg10kgと大量になると

スポンサードリンク

 

価格が高くなるので売れにくかったです。

 

価値をわかってくださる方には
繰り返し購入していただきましたが

 

当時、ショッピングモールでネット販売していたため
価格比較で値段の安いところに負けてしまいました。
しかし値段競争で安売りはしたくなかったので
ゆっくり注文を受けることにしました

 

徐々に売れるようになったのですが
私はそのショップのお手伝いをしなくなったので
その先の売れ行きはハッキリわからないのですけど
米の販売ページ作るときには、やはり、

 

なぜこのお米は美味しいと言えるのか
なせこの値段で販売なのかってことを
わかりやすく伝えておくことが必要です

 

農家さんは自分たちが常に携わっているので
お米の味や質の差はわかるけど
農業を知らない消費者にはわからない人も当然います。

 

お米に限った話ではなく野菜にも同じことが言えるので
価値を知らない消費者さんにきちんと伝えること
を意識してくださいね

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL