休日にネットショップの注文があった場合の対応策

2015.4.29|インターネット販売

このエントリーをに追加

ko3

スポンサードリンク

ネットショップのメリットは

24時間年中無休で

営業出来るところです

 

検索している人が夜でも朝でも

お正月でも閲覧可能で

在庫さえあれば注文が入ります。

 

ここで、お客様を待たせてはいけない

と考える人は、受注メールが気になり

休みの日でもかなり気にかけてしまいます

 

私がそうだったのですが…。

メールもすぐ返信しなきゃと

強迫観念がありまして。

夜寝て朝起きるメールチェックが

怖かったりしたことも。

 

ですが、、、、

人間誰しも休まなきゃいけないわけで…。

 

ただ、注文が入らないように

在庫を0にしたりするのはもったいないです。

そのときは買うつもりでいても

在庫が無い場合には

他店を探したり、気が変わったりします。

スポンサードリンク

 

そう、機会損失ですね。

 

そこできちんとお店の説明文や

連絡事項やブログなどに

誰もが見やすいよう

 

  • ○営業日までに出荷します
  • 平日の○時間でのご注文で当日出荷

(土日祝日は翌営業日)

 

などといった配送スケジュールを書きましょう

○日が休みという書き方よりは

出荷予定日を知らせるようにする方が良いです。

 

メールの連絡についても

○時から○時の間に確認して返信するなど

工夫をしてください。

 

お客様が知りたいのは

いつ返事があるか・いつ届くか

ということです。

これを書くことにより

安心感も得られるので

休む罪悪感は緩和されます。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL