両親が作った野菜をネット販売代行してあげたい親孝行心が増加中

2014.3.27|インターネット販売 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

農家の悩み

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンで

アンケートの回答やお問い合わせの中で

 

『親が作った野菜を売ってあげたい』

『少しでも売れたら作る励みになるかと』

 

といった

ご両親の野菜のネット販売代行をするには?

と相談を頂く機会が増えました。

すごく心が温まります。ぜひ、その思いが

形になればいいなと思っています。

 

最近では、親元を離れ都会に出た若者が

ご両親が田舎で作った野菜を都会で販売できれば…

と考えてカフェなどで販売しているスタイルも見受けます。

 

個人の力でもこういう都会と田舎をつなぐパイプが増えていくと

潤いにつながる第一歩になりますし、

作るやりがいもできます。

 

都会に出て夢を追ったり就職したりと、

事情があり農家を継がない若者も、

こういう形で家業を手伝えない親孝行が出来ると考えています。

 

さらにいうと、都会に出た若者は自分の育ったところの良さを

感じることができ、いかに美味しい空気、水の恩恵をうけて

この野菜が作られたのかというのも痛感されているかと思います。

 

ネット販売代行の方法として

管理だけはお子様がしながら注文が入った時だけ

ご両親に連絡してご両親が送付先に直送する。

 

そうするとご両親は苦手なパソコン作業をしなくてもいいし

スポンサードリンク

身内でしていることなので安心してできますよね。

そういう家族に農家さんがいる方にも

読んでいただきたいのがこちらです

 

⇒ 週末農業副業入門

 

第6章に自分で販売する方法について

具体的に記載しています。絶対に役に立つと思います。

販売は22日からです。

 

家族のため。人のためのほうが力がわきますよね。

やったこと無いこともやらなきゃ!っと思うパワーは

案外自分のためではなく人のために湧いてきます。

結果それが自分のためになっている。

 

 

ただ、一緒にするのは信頼できる人とのみです…。

どちらかだけがいい思いをしようというのは

長続きしないからです。

 

メールマガジン読者さんも地域活性のためとか

家族のために自分が売ってあげたいと思っている人

たくさんいます。その方法がわからず悩んでいたら

書籍の5章・6章をお読み下さい。
↓ クリックしてご確認下さい。

週末農業

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL