農家直売でネットでの野菜販売のクレームを0にするには?

2013.9.3|インターネット販売 農作物販売の実例

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

私が運営している農産物のサイトですが
そろそろ収獲と出荷です。
メールマガジンで去年のお客さまにご連絡したら

 

『今年もよろしくお願いします!』
っと沢山の方がリピート購入してくださいました

 

それでですね…
予定していた出荷日より収獲が遅れていまして
お客さまに遅れたことのお詫びをしたのですが
もともとご注文の際に

 

自然に育てているもので
美味しい時期を見計らいお届けしたいので
収獲に遅れが生じることもございますことを
ご了承下さい

 

と一言添えていたため
遅れたことに対するクレームは現在0なのです。
コレも信頼関係のお陰です。

 

その代わり遅れたお詫びにスイーツを同梱すると
お知らせをしました
コレは私からの遅れたことに対するお詫びです。

 

このようにしてお客様との関係を大事に保っていることで
継続してご注文がいただけるようになります。
メールマガジンはそういった意味ですごく便利なのです

スポンサードリンク

 

お電話すると不在で伝えることが出来なかったり
電話代がかかりすぎてしまうこともありますが
メールでのご連絡ですとダイレクトにご連絡が出来
お客さまの都合のいい時間にお読みいただくことが出来ます。

 

もしメールマガジンを取り入れるのでしたら

アスメル がオススメです。

 

私はどちらかと言うと
動画&メールマガジン&ブログで販売している形です
人がいるっといった感じがいいのですね^^

 

そしてお荷物にはお手紙を入れています。
面倒だなーっと思うことでも
一手間加えることにより
次につながりますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

P.S

ちなみに予約分の発送が一気に重なり
今から出荷伝票を書くのが大変です

 

1年中出荷しているのでしたら
運送会社の伝票発行システムを導入するほうが
楽ですよ

 

パソコンで伝票入力してプリンターで
伝票を印刷して、荷物に貼るのですが
のちのちにお客様の管理もできて便利なのです

 

昔、会社につとめているときに
そのシステムで伝票発行していたので
今の手書きが時間がかかって仕方なく思えます 笑

 

 

スポンサードリンク
コメント一覧

この記事にコメント

*

トラックバックURL