あなたの農業日誌読まれています

2014.5.3|インターネット販売

このエントリーをに追加

social

スポンサードリンク

インターネットを使って情報配信するのに

ブログやFacebookを使って

農業日誌をつけるパターンは有効です。

 

だからこそブログを書き始める人も増えました

単なる日記ではなくてきちんと

商売として何とかしなきゃと思っている場合、

多くの人が途中でこのような悩みに陥ります。

 

一生懸命ブログで農業日誌や販売促進しているのに…

  • 全然反応がない
  • コメントがもらえない
  • 読みに来てくれているのかな?
  • これじゃあブログ書く意味が無いんじゃあ?

 

書くためのモチベーションが下がることが原因で

忙しいことを言い訳に書くのをやめてしまったりします

 

しかし…よく考えていただきたいのですが

 

あなたが人のブログを読んだりFacebookを見て

すべての人にコメントをするでしょうか?

 

きっとしないでしょう。共感はしても読むだけで終わり。

 

なんてことありませんか?

 

現に私の野菜販売方法レッスンでも

読んでいるだけで一切返事がない人もいます。

読まないなら解除したらいいのに…と思いますが

それはすべての人がそうではなくて

 

読んでいるけど行動に移さない・返事しない・コメントしないだけで

スポンサードリンク

読んでくださっている人は読んでくださっているのです。

 

もしアクセスが集まっていない段階でも

集まり始めたら過去の記事も読んでくれます。

その時に手抜きをしている記事だとファンにはなってもらえませんが

読者さん0の時からまじめに書き続けたらそれは資産になります。

 

 

今読まれなくてもいつか読まれます。

過去にさかのぼって見られた時にも

感動や共感を与えられる記事を書きましょう。

見られていないと思っても見られていますし見られる時が来ます。

 

 

そしてコメントがない場合、自分に置き換えて

 

そもそも自分はコメントを全員にしているだろうか?

 

と考えたら読まれていないという孤独感から救われます。

継続は力なりです。

 

アクセスが有るかどうかを調べるために

アクセス解析をしっかりと入れることもポイントです

そして前にも記載しましたが 売り込みだけのブログは

辞めたほうが良いです。

 

もし読んでいらっしゃらなければ

⇒ ブログで野菜が売れない?SNSの間違った使い方に注意

 

をお読み下さい

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL