農家のブログは野菜を売るためではなくこのために書く

2014.12.3|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

農家のブログ

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンの

読者さんから、

 

・今は売るものがない

・まだ未熟者なので

 

などの理由で農家のブログを

書かない選択をしているような

ニュアンスのメッセージを頂きます。

そういう時、

私はいつもこう答えます

農家のブログは野菜を売るために書くのではない

ネットで野菜を売るためにブログを書く

確かに最終的にそれが答えなのですが

売るのではなく

 

  • 知ってもらう
  • 信頼関係を築く
  • ファンになってもらう

 

ことを目的として運営しその中で

 

  • 食べてみたい
  • 応援したい

 

につながります。

未熟者だから…恥ずかしい。

そう思う気持ちはすごくわかるのですが

その時から記載しておくことで

成功してから体験談としての資産になるし

作ってきた過程が見えることで

安心していただけます。

もっというと…

大丈夫。最初はアクセスが無いです

ブログを書くと人に読まれて恥ずかしい。

スポンサードリンク

そう思いますが、残念ながら最初はアクセスないし

読まれていません^^;

 

ネットで検索に引っかかるようになるには

今のところだいたい3ヶ月ほどコツコツ記事を書きためて

ブログとしての中身が充実してからです。

だから読まれません。

 

逆に読まれないからやってみたけど

すぐに書くのを辞める人もいますが

すぐにアクセスが有るわけではないので

コツコツ読まれていない間にも書いていきましょう。

 

そうすることによりようやく安定してなれた頃に

読まれるようになってきます。

その時に初めて過去に書いた記事も読まれ

それが履歴書であり、日誌という資産になります。

 

今は売るものがなくても、恥ずかしくても

いざ売る時にいきなりアクセスはないので

早い段階から書きためていきましょう。

 

売るためではなく知ってもらうため。

そう考えて決して売り込みブログにならないよう

ご注意ください。

 

農家のブログは読み物

その延長に『購入』というショップが有る

とイメージしてください。

ブログで売るのは間違いではないですが

少し意味が違うのです。

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL