農産物を毎年顧客に直売で購入して頂く方法

2013.8.31|インターネット販売 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

あなたの作った農作物を直接販売するのに

収穫時期が来たら過去のお客様に

思い出していただき購入していただくために

 

メールマガジンが効果的です。

 

過去の顧客に対して収穫シーズンが来たら
メールマガジンでお知らせをするのです。

 

従来はダイレクトメールやハガキなどで
顧客の方に手紙を書いたり、電話営業する
手法がありましたが

 

メールマガジンですと、直接メールボックスにお届けできるので
開封してもらう確率も高く
電話代やはがき代もかかりません。

 

さらに、今の時代に合わせると手紙などでわざわざ電話したり
注文ハガキを送り直していただくよりは
ネットでそのまま購入申込みができれば即効性があります。

 

私も実際にメールマガジンで販売する手法は利用しています。

収穫シーズンが来る前から常にメールマガジンを発行して

信頼関係を結んでいます。

 

メールマガジンはどうやって発行するの?

メールマガジンはメールマガジンスタンドを
借りて顧客管理をして一斉に配信するのが効率的です

スポンサードリンク

 

そこでおすすめするメールマガジンスタンドはコチラです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

メールマガジン

 

 

 

メールマガジンの発行なんて難しそう…と思うかもしれませんが

 

年賀状やダイレクトメールを書くことが

ネット配信になっただけで、実は難しいことではありません。

 

数回配信すると慣れますし便利なことがすごく理解できます。

 

 

本格的に取り入れたくて借りた際に

発行方法や詳しいことなどはご相談下さい。

 

メールマガジンや野菜販売方法の教材に記載していますので

参考にして下さい。

メールマガジンは野菜を自分で販売するのに非常に効果的ですので

是非取り入れてくださいね

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL