理由がないとお客様は動かない?!

2015.10.7|農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

直売するには

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンで

ネットショップ販売のノウハウをお教えしていますが

一番の悩みは

 

それでも売れない

 

ということです。

今は時代が移り変わり

ネットショップ作ったらすぐ売れる

と思っている方はもう少ないかと思いますが

 

どんどん参入者が増えていくので

 

  • 売れにくい
  • 見てもらえない
  • 見てもらえても買ってもらえない

 

こういった悩みが出てきます。

見てもらえないのは露出の問題で

アクセスがないということですから

アクセスアップの方法を考える必要がありますが

 

アクセスがあるのに売れない

 

この悩みも出てきます。

なぜ売れないのか?

  • ページがわかりにくい
  • 美味しそうではない
  • 信頼度が低い
  • 高い(安い)
  • 送料がネック

などなど原因は色々ありますが

そもそもページに買う理由が示されていない

こともあります。

 

商品の説明をラベルのように定型文でしているだけ

イメージのわかる写真がない

 

などもありますが

スポンサードリンク

買う理由ということを示すことで

成約率は高くなります。

これは理由を箇条書きにしてあからさまに伝えるのではなく

様々な表現でできるのですが

人は理由がわかると納得して行動がしやすいです。

 

例えば野菜販売方法レッスンでも

メールマガジン内で

なぜこれが必要かということを説明して

しっかり読んでいただいた方は行動されますが

なんとなく流し読みをしている場合には

理由がわからないので

 

  • なぜブログが大事か
  • なぜネットショップがあるとよいのか
  • なぜ商品説明文はいちいち説明して丁度なのか

 

など腑に落ちないので

 

  • ブログなんて邪魔くさい
  • 書くこと無い
  • 読むだけにしておく

 

ということになります。

メールマガジンで結構私しつこいので

うざいなあと思っている人もいますが

私は必要な理由をお伝えしているつもりなのでお許し下さいm(_ _)m

 

ということで話は逸れましたが

アクセスがあるのに売れない場合

お客様が買う理由が腑に落ちていないということもあるので

ページの改善などを心がけてみてください。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL