大阪泉州野菜の直売所サザンぴあへお出かけと消費者目線

2014.10.25|野菜の直売所に販売

このエントリーをに追加

泉南野菜

スポンサードリンク

大阪の泉南市に家族の用事があり

帰りにいつも立ち寄る

泉州野菜直売所のサザンぴあ。

 

ここには南大阪の農家さんの野菜が

持ち込まれ販売されているとともに

 

併設されたレストランでの

一日10食限定の漁師飯が人気です。

朝はモーニングセットがあり

休日の朝は野菜購入&カフェタイム。

そして目の前のマーブルビーチを散歩される方も

 

マーブルビーチ

新鮮な野菜の鮮やかな色合いが美しく

水菜が一袋60円とか大丈夫???

と農家さんのことを心配しながら

ありがたくお買い上げ

サザンぴあ

その他、様々な野菜や果物が並び

レジも並び…とにぎわっています

泉南野菜

今の時期は新米もあり、天日干し米で

5kg2100円とか安くないですか?

大丈夫ですか?と思いながらいろいろ加工品なども眺め

スポンサードリンク

スーパーで買うより断然安いこと、

そしていびつでも気にせず手に取る人が多いこと

生産者が誰かがわかること

 

そういう面でやはり直売というのは

消費者にとって魅力なんだと思いました。

価格だけでなく、新鮮&生産者がわかるというところで

それだけで美味しいと思える魅力もあります。

(決して味をだましているとかそういう意味ではなく)

 

義理の妹が今、絶賛つわり中なので

みかんやりんごなどのフルーツを買ったりして

6000円分購入。

帰って早速うどんをつくって水菜を入れて食べました。

 

直売所を消費者目線で見ると

意外と加工品も買ってしまうこと

少々高くても珍しい品種も買ってしまいたくなること。

 

珍しい品種はレシピが必須だと言うこと

改めて実感しました。

母が帰ってきて

 

 

ルッコラ って何に使うん?っと。

サラダとかピザの上に乗せたりとかかかなと話してたら

そうかーといいながらルッコラを野菜室に入れてました。

 

ネットでレシピ検索できる人はいいけど

ネットとか使わない人もいるので

珍しい品種で売れ行きが悪いなと思えば

ポップを利用できるところであれば

ポップを活用しましょう。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL