ネットで野菜販売をする際の商品説明文の補足

2015.4.26|インターネット販売

このエントリーをに追加

job

スポンサードリンク

これからの暑いシーズンは

ネットで野菜を販売する際に

鮮度が落ちやすいデメリットがあります。

 

夏野菜は特にですよね。

その分、クール便で発送するなどは

当然行われることなのですが

 

それ以外にやっておくといいことがあります

ネットで野菜販売をする際の商品説明文の補足

商品説明文には食品表示で定められていること

消費期限やその他、おのおのの注意点、

それと発送した荷物の中に

野菜や果物の保存方法を書き添えることです。

 

特に野菜の鮮度を保つ方法については

役に立ちますので、満足度が上がります。

チラシのようなお手紙で

 

野菜をおいしく食べていただくために

などといった感じで

スポンサードリンク
  • 野菜の保存方法
  • 消費期限
  • 傷んできたらどうやって食べると良いか(漬け物など加工品)
  • もう食べれない状態

など書き添えましょう。

私も含んでいますが

実際に野菜や果物のおいしい食べ方や

保存方法って意外と知らなくて

気づきがあります。

 

ご自身が知っていてもお客様は知らないこともあるし

お客様が知っていても、再確認することも出来ます。

そういう手紙はあっても邪魔にならないので

農園通信の補足的な感じで

付け足すのも良いですね。

 

ある程度いろんな種類の方法を書いて

コピーして各お客様に入れるのは

最初だけが手間ですが

後に手間になりません。

 

これがページにもある場合は

少ししかいらないから

買うのを辞めるという方も

注文してくださるキッカケにもなります

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL