農作物のネット販売で商品説明文を書く際のポイント

2015.9.1|インターネット販売

このエントリーをに追加

kensaku

スポンサードリンク

ネットで農作物を販売する際に

 

商品を伝えるためと

トラブルがないようにするために

 

商品説明文に力を入れる必要があります。

今回は一部になりますが

大事な部分ですので記載します

 

 

農作物のネット販売で商品説明文を書く際のポイント

直売所などでも

商品のラベルシールを貼りますが

  • 商品名(農作物の名前)
  • 生産者情報

などを簡易に書いていますが

実物を見て納得して購入するので

トラブルになりにくいですが

 

インターネットの場合は実物がないので

いちいち説明しすぎて丁度です。

 

よくあるのがグラム表示・個数のみ

ということですが

それだけでは実際にイメージがつきにくい

消費者さんも多いです。

 

  • 100gってどれくらい?
  • 1玉の大きさってどれくらい?
  • 3Lとか2Lだけじゃわからない

 

農家さんは日々携わっていて

スポンサードリンク

アタリマエのことでも消費者さんは

実物を見て買物をする際にも

1束とか1パックでかっているので

何グラムと書かれてもわかりにくいこともあります。

1玉も普段かっているスーパーの大きさで考えていたら

大きすぎるとか小さすぎるなどのクレームにもつながります。

 

そういった場合は

 

  • わかりやすい写真を載せる
  • 手のひらに載せて撮影する

 

などイメージがつきやすくするようにしましょう

説明文は説明しすぎて調度良いです。

 

ここを面倒になり省くと

購入意欲も増さない要因にもつながります。

ただダラダラと栽培方法などを書くのではなく

お客様の立場に立って

購入する際の不安を取り除くことを

意識して下さい。

 

ご自身が、ネットで何かを購入する際にどこを観るか?

何が書いていないと不安か?

いちいちいらない説明はなにか?

と置き換えてみるのも良い説明文を書けるようになります。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL