お米はレストランでは引き立て役それをメインに訴求する販売方法

2015.5.24|レストラン・料亭と契約

このエントリーをに追加

kome1

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンのFacebookに
昨日記載しましたが

 

お米は主食であるけど
外食でお米を食べにいくというよりは
おかずがメインになりがちです。

 

ですが…そんな引き立て役のお米も
メインと同様にするとお客様の
意識がちゃんとお米にも向いてもらえます

【野菜販売方法ワンポイントレッスン5月23日番外編】大阪で食事をしたお店でお米の説明がありました。説明があることでお米も意識的に味わえます。こうやってオカズだけでなくお米にも目を向けるお店がもっと増えたらいいですね^^

Posted by 野菜販売方法レッスン on 2015年5月22日

このように今月のお米は
【大分のヒノヒカリ】

スポンサードリンク
  • コシヒカリと黄金晴から産まれたお米
  • 粒揃いで厚みのある良質米…
  • 炊飯すると粘りのある…

 

など書かれていると
今まで知らない知識が舞い込み
意識をするようになります。

 

いつもはおかずを載せて一緒に食べてるけど
まずはお米だけを一口食べて見ようか…
っとなり人も多くなります。

 

レストラン用にお米を卸したり
業務用のお米を販売している方は
ポップなどを作り
お店に貼ってもらうなど伝える工夫を
取り入れておくと良いですね。

 

お米は主食であるけど
オカズがメインになりがちです。
そこを何もしないか、何かアピールするかの
違いはありますよね

 

お客様も、ここはお米にもこだわっているんだ
ということが伝わり
お店に対する満足感も出ます。

 

断られそう…というのは自分の考えで
提案しないとわかりません。
提案して得することはあっても
損することはありませんよね。

 

野菜も同じく、取り入れてみると

お店の方も熱意を感じて喜んでくれるかも^^

 

そしてお米や野菜を知ってもらえたら
その場で携帯で検索されると思うので
そのときにお客様が検索するキーワードを

想定して、上位に引っかかるようにしましょう

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL