自分の出来る範囲だけで直売できるように…では今と変わりません

2014.7.3|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

直売するには

スポンサードリンク

野菜を直売する方法を学びたいと

この野菜販売方法レッスンのメールマガジンに

ご登録を頂いており

 

メールマガジンやフェイスブックで

ノウハウをお教えしていますが

やる気に満ち溢れて

どんどん実践する農家さんが多く嬉しさいっぱい

やりがいを感じていますが

 

実は

言いたくないけど苦言があります…

例えばですが先日、野菜を販売するのに

 

動画を使うとすごく効果的だし

無料で簡単に出来ます

興味があれば動画レッスン講座に登録してくださいと

お知らせした所

 

 

登録していただいた方も多くいらっしゃったのですが

逆にメールマガジンを解除された方2-3名います。

 

  • 興味が無い
  • お金を取られるのでは
  • 難しいことはしたくない

 

こういった理由がほぼなのですが

正直、興味も持つ必要があるし、難しいこともやる必要がある。

そして万が一お金がかかったとしても

(誤解があるといけないので…登録は無料です)

 

必要なければ払わなければいいだけで

必要であれば学びを得る。今と変わるには情報収集と実践行動はするべきなのです。

元々のメールまで解除するというのはよっぽど嫌われたか

私の情報が役に立たなかったのですね。。。m(__)m

伝え方、もっと気をつけますね。

 

聞きたいことがあれば直接尋ねていただければお答えしています。

見ているだけではどう思われているかわかりませんので

 

 

こういう配信をしていると金儲けのためにしていると

時折、悪人扱いされるのです。

メールだけでなく、リアルでもそうですが

自分の思うことと違ったことや、自分がやりたくないことを言ったり

逆に図星を言うと怒る方がいるのです。。。

 

 

ではあなたが時間を割いて無料で野菜作りを教えてくれと言われたら

どうしますか?教えている間野菜は作れません。どこからも収入はありません。

長年培ってきた経験をみずしらずの人が無料で教えろ!

教えなきゃ悪人!ッと言われたらどうでしょうか…。

 

 

私は入門編として、無料で出来るネットショップを無料でお教えしています。

そちらも作らずに見ているだけ、どんどんフェイドアウトしていく。

最初に直売したいと思う気持ちはどこに行ったのか?と

結構悲しくなります。今より良くなりたいのではないでしょうか?

結局めんどくさい、わからない、時間がないということで

スポンサードリンク

諦めてしまうので歯痒い思いをしてしまいます。私は無力ですね。

 

 

私が単純に熱すぎるかもしれませんが

直売したいと思う農家さんの事を考えて

できるかぎりわかりやすくしているし

私利私欲だけで適当な事をお教えしていません。

 

 

動画解説、資料作り、メール配信、すべて私が手がけています。

時間を掛けて作りました。私も最初は全く何も出来なかったけど

それでもやらなきゃ!という思いが強く独学で遠回りしたからこそ

お教えする資料を作って無料でお渡ししているわけです。

 

 

動画配信に関しても絶対に知っておくと便利だし

私自身もそれで過去に導入して売上が伸びたしファンも出来ました

県からその動画使わせてくれとも言われました。

それにかかった費用は0円です。

 

ただ学ぶことはしました。

自分の出来る範囲だけで済ませようと思っても

現状から変われません。

 

マラソンも早くなろうと思えばトレーニングを変えたり

食事を変えたり靴を変えたりと工夫をします。

野菜もうまく育たなければ改善策を考えますよね

それと同様、今 直売したい悩みがあるのであれば

しっかりと学ぶ気持ちを持ってください

 

私がお金目当てだけでやってるとしたら

わざわざこんな嫌われること言いません。

無料でメール配信しません。

いきなり教材売りつけて欲しい人だけ買っていけばいいんじゃない

っと適当にうまいこと書いて販売すればいいだけです。

 

 

でもそうではありません。

先ずは入門編、それから次のステップと考えています

だから学ぶ意欲、変わる意志をしっかりと持って

本当に直売したいと思うのであれば

このまま読み続けてください。そして有料の紹介があっても

それは必要だと感じるもので一生懸命作ったものです。

 

 

きっと今日もこのメールで解除が増えるのは覚悟ですが

それはそれで仕方ないことだと思っているし

私の配信がその方には役に立たなかったという反省もしますし

そのたびにもっといい情報を配信できるようになろうとこちらももっと学ぶので

読者様のお陰で日に日にグレードアップするわけです。

 

 

ただ、卸先や消費者は自分たちの労働力を無視していると嘆いているけど

自分だけは無償で知りたいと思うと同じことを人にしていることになります。

私はそれがわかっているから本当に知りたいことを人に教えをいただくときには

きちんとお渡しすべきものはお渡ししています。

それは下請けという悔しさ、労働力の無視。それが嫌だったからです。

 

明日もいい配信ができるよう努めます!^^

すっと読んでくださってメッセージを下さる方もいて

いつも励みになっています。ありがとうございます。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL