野菜の価格競争に陥ることなく、安定してファン、顧客を作る方法

2014.7.5|農家さんからの質問集

このエントリーをに追加
スポンサードリンク

昨日、東京にて国際的に活動をされた後に

日本に帰国して農業大学校で農家さんになるために

学んでいらっしゃる読者さんとお会いしました。

 

やはりグローバルに活動されていたからか

視野が広く楽しい時間が過ごせました。

日本が悪いとかではなく、外を見て日本を知る

もっと小さく言うと

 

 

ほかの地域をみて自分の地域をみる

ほかの産業をみて農業をみる

 

そういった視野を広めることの吸収ってすごくて

良さを改めて感じたり改善点が見えたりします。

私自身海外に出張に行くと、日本の野菜の良さが改めてわかりました。

逆に活気とかどん欲さとかがむしゃらさは海外で学びました。

 

 

野菜だけでなく、人としても昔、日本が成長してきたような

意欲がある地域はあり、その人たちをみると、まだまだ自分は甘いなと

感じたこともあります。今が大丈夫でもあぐらをかいてはいけないです。

 

 

明日食べるものがない、そういうすれすれの生活をしていると

がむしゃらに何でもしてめんどくさいなんて言ってられませんよね

 

 

だからこそ知恵がすごく身に付くということは海外で学びました

スポンサードリンク

例えばネット販売をしたいとなると、ネット販売の方法を

死ぬ気で覚えてほしいというのが本音です。

自分もそうでしたが、わからないことは当然でやらなきゃできるようにならない

あきらめたらそこで終わりです。

 

 

今が何とかなってるからか

誰かが何かをしてくれると思っているか

単なる興味があっただけか

 

理由はわかりかねますが

興味があっただけならいいのですが

危機を感じているのに誰かが何かをしてくれると思っているのは

絶対に良くないので時間をかけてでも徐々に身に付けてくださいね。

応援しています。

 

ところでその読者さんに 秘密の販売手法をお教えしました

秘密と言っても知らない農家さんが多すぎると言うことなのですが

 

熱心なのと、直接お会いしたからというサービス的なものでもあります

きっとその読者さんはできる人だと思うので、お伝えした方法を取り入れると

価格競争に陥ることなく、安定してファン、顧客を作ることができます

しかも仕組みさえ作れば手間がかからない方法です

野菜を作ってる間にも寝てる間にも注文していただけるということです

 

 

活用していただけるとうれしいです♪

昨日はすてきな勉強会になりました!

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL