限られた野菜以外から売上を上げるためのヒント

2016.2.9|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

a0002_010271

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンでは

個人農家さんが受講されています。

悩んでいることをアンケートを取った所

 

『売れる野菜が少ない』

 

という回答が多いです。

 

小規模の場合どうしても場所と人力に限りがあり

野菜セットが出来なかったり少量しか収穫できず

ネットショップの直売するのに品揃えが悪いといった悩みが出てきます。

そこでネットショップは自分には無意味

と考えて諦める方や手がけない方がいますが

 

野菜を売る

 

という小さな括りにしていませんか?

 

野菜を売る のではなく 健康を売る

 

という定義にしたらどうなるでしょう。

当然本来野菜を売りたいので野菜のお店にしたほうが

お客様にも伝わりやすいのですが

現実問題野菜販売だけで有り立たないのであれば

スポンサードリンク

野菜という括りから広げていくのも良いです。

 

そうすると野菜以外でも売れるものって出てきますね。

※加工品に関しては保健所の許可が必要になりますので調査する必要がありますのでご注意下さい

 

どうでしょうか?

 

八百屋に

野菜と近所の婦人会で作った巾着袋

というのはあまりにもついで売りのようで不適切ですが

健康のショップであればウォーキング時のポーチとして

販売することが出来ます。

 

野菜が足りない、だからネットショップは不向き

と考える前に、

 

ネットショップ(ブログ配信)のスキルが身につけば

 

  • 野菜を販売しながらイベントを開催する
  • 野菜を販売しながら他の人の商品も売れる
  • 野菜を販売しながらカフェ集客が出来る
  • 野菜を販売しながら料理教室の生徒が募集できる

 

 

といった視野を広げてみてください。

限られた野菜から売上を上げるヒントでした。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL