野菜をネットで販売するのに壁になることは?

2014.5.14|インターネット販売

このエントリーをに追加

農家の悩み

スポンサードリンク

野菜をネットで販売するのに

どうしても壁になることがあります。

それは 人と時間 です

 

売れたら出荷しないといけなくなるけど

人手が足りない、農作業で手一杯で

出荷が間に合いそうにもないなど

 

人的、時間的要因でネット販売がしにくい

 

ということが出てきます。

朝納品に周り、作業をして梱包をしてと繰り返すと

どうしても時間がなくなってきます。

人を雇うほどの利益も出ない。

これは私の援農先の人もお話していましたし

柿農園の方もおっしゃていました。

 

 

家族経営なら家族の方が頑張って出荷しています。

スキマ時間に携帯からネットに投稿して情報配信しています。

時間は作ろうと思えばスキマ時間に出来るのですが

それがルーチンワークになるまでに若干億劫な面もあり

取り掛からずにいることもあるのですが

 

少しだけ努力をしてもらいたいのです。

毎日の積み重ね、少しの時間でも情報を書いていくと

いつの間にか大きな資産になっていて

検索にもかかりやすくなるし

ひょんなことから取材依頼が入ったりします。

 

先日読者さんとお会いしてその方にはお話したのですが

私が過去に野菜ではありませんがネットショップを運営していて

日中は本業の生産をしながら夜中に作業をしてと繰り返し

頑張って構築してきた結果、私が手放しした後でも

ほったらかしで数百万円の売上が発生しています。

(当然野菜とは単価が違いますが

注文件数で言っても月に300件以上はあると思います。)

 

 

私の時は月に1000件超えていた時もあり、

自然と効率よくすることが身についてきます。

もちろん、、、それでも睡眠時間は削りましたが…。

 

今は、放置している分、

ピーク時の半分以下にはなっていますが

ページを触らずとも数百件と注文が入るのは

ページに歴史があるからです。

 

 

SEOって日に日に変わりますが根本的に

古いサイトが信頼性が高いと言われます。

要は人間でも若者よりも経験者のほうが深みがあり信頼性があるように

サイトも歴史や信頼性が大事なのです。

 

そのスタッフたちは注文が入ってきたのを出荷する。

注文の処理は昼の12時までと決めて12時以降の注文は翌日出荷等

サイトにも記載してやっています。

ただ何も触らないのもまずいと思うので時折ちょっと更新したり

在庫の微調整をしています。

 

 

なのでちょっとでもいいので積み重ねて欲しいのです

毎日書かないといけないのは最初の数ヶ月ですし

スポンサードリンク

私のとあるサイトは数ヶ月更新していなくても

上位表示されています。

もちろん毎日書くべきですが出来なくても

さほど影響のない域に達すると検索結果も落ちにくいのです。

 

 

最初だけはどうしても時間がかかりますが

あなたのことを知ってもらうことのツールとして

ブログだけでも書き続けましょう。

 

 

これが何の意味があるのか?と思うかもしれませんが

積み重ねていくと気づきが出てきます。

この時に、どんなキーワードで集客するか。

これが大事で、

基本的にあなたのことは知らない人が検索している

のであなたのお店の名前でSEOを頑張っても

そもそもその言葉で検索がないと見つけてもらえません。

 

もっともっと一般的に検索されやすい言葉を見つけ

それがあなたの作る野菜に結びつくような誘導にすると良いです。

ただ1-2ヶ月だけでは効果が少なくすぐに順位も下がります。

 

事例として私に店舗作成の依頼をしてきて

1ヶ月ほどたって集客出来始めた頃、

私に手数料を払うことを惜しんで自分たちでやると言って

私はその店から手離れしましたが、結局、何もしないから

数カ月後には注文がなくなりました。

 

 

結果として安定するまでは続けておく、

安定したら手離れが出来てくるということです。

人手不足でしんどいと思いますが

そこまではちょっと本腰入れていただきたいなと

これから取り掛かり始める農家さんにはお伝えしたいです。

 

 

今売上が伸び悩んでいて

なにもしないのならずっとそのままで

少しでも時間を割いて売れるようになってきたら

ページ作成する外注さんを使えるようになりますよね

 

このように変えたいと思えば

やっぱり少しはご自身の変化も必要だということは

自分がそうやってやってきたので切に思います。

 

 

ブログもメルマガも今でこそ思い立った時にすぐかけますが

最初はものすごく時間がかかりました。

慣れてきたのです。書くことが当たり前になると

癖がついてきて書けるようになります。

 

 

私も相当アナログです最初は憂鬱でした。

しかし、今は普通になり楽しくなりました。

これも蓄積の賜だと思います。

 

 

特別なスキルがあったわけでもなく

ルーチンワークとしてやってきただけなのです。

出来るようになった人を見るとそこの部分しかみえませんが

私も数年は本当にどんくさくて自分にイライラしていました^^;

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL