野菜に関する情報を教えて得することはあっても損はない

2015.1.7|インターネット販売 未分類

このエントリーをに追加

直売所

スポンサードリンク

農家さんがブログ上で

情報配信するのに

 

野菜に関する育て方やレシピ

 

をお伝えしていくことで

お教えすることで損をすると

思う方がいらっしゃいます。

 

『ライバルに盗まれる』

『消費者が自分で作れるようになったら困る』

 

などといった視野の狭い思考です。

 

野菜販売方法レッスンでは

Facebookと連動していますが

昨日このような投稿をしました。

閲覧できない方は↓

 

明日は七草粥の日ですから
今日七草粥の由来やレシピをブログや
フェイスブックに記載すると

お役に立てると思います^^
売り上げに繋がらないことでも
役に立つことを配信することで

自然と良い方向に向かいますよ^^
今日書いた記事は来年以降も使えます。

クックパッドにはすでに
536パターンの投稿があります
それぞれの家庭の七草粥を
お披露目してはいかがでしょうか

当たり前のことが、
他の人には新鮮なこともあります(^-^)

 

この文面を見て

 

よしやってみよう!

 

というケースと

 

何でそんな面倒なことやらなきゃいけない?

 

と大きく分けてふた手に分かれます

スポンサードリンク

情報をどんどん配信することのメリット 

情報を配信すればするほど

検索されてアクセスが集まります。

このことでまず、知ってもらう窓口が出来ます

そして役に立った!と思えばシェアされます

心にも残ります。嫌な思いする人がいません。

 

ただ、この時点では売上は上がりません

なので意味が無いと思いがちですが

こういうことを続けると人は必ずまた読みたくなり

どんどん信頼されてきます。

レシピを教えたらありがとうと思われます。

野菜の作り方を教えてもありがとうと思われます。

 

じゃあ買ってくれないのでは?

と思いがちですが実はそうではありません。

私自身もノウハウを教えるサイトを運営していますが

 

知りたい人にやり方を教える

でも出来ない人は依頼してくる

 

こういうお客様が必ずいます。

情報を配信することで損をするといったら

時間を費やすこと これだけです。

でも、その時間を費やすことにより

長く集客に結びつく記事が一つできるのですから

最終的にそれは損ではありません。

ライバルに盗まれる心配は無用

どうぞ盗んで下さい。

これくらいの気持ちでいて

自分がもっと向上すればいいだけの話で

大した問題ではなく

他のライバルと戦うのが目的ではなく

 

お客様の信頼を得ることが目的ですから

真似されるくらい注目されるんだという

優越感に浸ればいいと思います ^^

自分自身が検索して情報が沢山あるページを見たら

自然とまた読みたくなったり

人に教えたくなりますよね。

 

そうすることでそのサイトには検索エンジンからも

価値があると判断されます。

すると、検索にもかかりやすくなります。

インターネットって機械的なイメージですが

ナチュラルな人の動きでも左右されます。

そして実際に読む人もいい記事は悪い思いをしません。

 

人付き合いと同じ。

親切な人はそれなりに返ってくるものも

大きいのです。眼に見えないからこそ

気づきにくいですが体験したらわかります。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL