出荷できる野菜の種類が少ないです、そういう場合はどうしているのですか

2016.4.5|農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

直売するには

スポンサードリンク

野菜販売方法レッスンでは

農家さんが直売する際の

ご相談をお受けしています。

 

昨日いただいた質問で

同じように悩む農家さんも多いので

メルマガだけでなくブログでもシェアします。

 

いつもお世話になってます。◯◯県のFといいます。
私は今の時期、出荷できる野菜の種類が少ないのですが、そういう場合はどうしているのですか。

回答

お問い合わせ有難うございます。
私の場合は農家さんの代行だったのですが
閑散期には次の収穫までは

 

何も販売することをしなくても
ブログを更新したり、
収穫を楽しみにしてもらう配信をし
めどが付いた頃に予約受付などをしていました。

 

お客様はいきなり売るだけでは
心が動きませんし反応も薄く
WEB検索もいきなり上がるものではないので
日々のコミュニケーションや配信が大事です。

スポンサードリンク

 

閑散期は練習としてでも
他の人のものを販売するなども
手がけてみることもおすすめします。

 

一例としましては
果物がメインの農園が閑散期になる時に
翌年からは同じ地域のお米や加工品を販売し始めました。
そうすることで、リピートにつながるからですね。

 

いきなりは難しいとは思いますが
参考にして下さい。

 

と回答をいたしました。

補足としましては、他の人と組んで

リピートをしてもらうことは食べ物ではやりやすいです。

ですがお金が絡む問題もあるので

そこの部分はしっかり話をしないと

近隣の方と揉めることにもなるのでご注意下さい。

 

特にWEB販売のことを知らない人は

WEB販売の苦労や手間が理解できません

そのため、手数料や経費を請求しても

費用をいただけないこともあります。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL