ネットで野菜を直売するときの宅配業者の選び方

2013.9.23|インターネット販売 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

ネットで野菜をお客さまに直売するときや

チラシなどでの電話注文やファックス注文の際に

お客さまにお届けするには

個人で宅配をするか、もしくは

宅配業者を使うことが多いですよね。

 

今回メールマガジンの読者さんからも

宅配野菜に関する運送会社の選び方をどうすればいいかといった

質問がありましたので、参考までに解説します

 

まず、最寄りの宅配業者さんに見積もりをとってもらいます。

だいたい平均の箱の大きさ、出荷個数(のもつの数)によって

見積り価格が変わります。

運送会社(宅配業者)さんとしては1度の集荷で荷物が沢山ある方が

効率もよく、荷物の価格も下がりやすいです

最初はやはり荷物が少ないので交渉しにくいですが

顧客が増えていくたびに値段交渉をしてみることをおすすめします。

 

あと、業者によっては沖縄の方は弱く、高くなったり

逆に北海道が高くなったりすることもあるので

バランスよく出荷するのもポイントです。

1つの業者に絞らずに、用途用途で使い分けましょう

あと、荷物が大きくなりますと、値段も変わります。

全てにおいて得意不得意がありますので

見積もりを取る場合

スポンサードリンク

 

・荷物の大きさ2パターンくらい

・各地方の送料表と配達までの時間

・クール便に対応しているか、その際いくら値上がりするか

 

見積もりしてもらいましょう

たとえば、離島に発送するときに安い業者で出荷したら

配送方法が船便の時もあります

その時、お時間がかかりお客様のもとに届く際には

鮮度が落ちてしまうこともあります。

そうすると当然クレームにつながります。

クレーム防止のために、航空便対応で

値段が割高な業者を選ばないといけません。

 

商品によりますが、届くまでの時間なども考えて

離島は別料金を頂く設定をしないと赤字

になります。参考にして下さい。

 

クール便の取り扱いも、夏場だけクールにしたり

扱う商品により、常時クールの時もありますよね

クール対応の業者を選び、

クールは追加いくらなのかなど最初に確認

をしておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL