ネットで野菜を販売するのに生産者紹介がなぜ必要か?

2013.11.7|インターネット販売 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

インターネットで野菜や果物、お米を

販売するのに、【生産者の紹介】を

しましょうっと推奨しています。

生産者の紹介は顔写真や畑の様子、

収獲の様子などの風景などのことですが

ここで、

 

なぜ?生産者紹介が必要なの?

 

と思う人もいらっしゃるかと思います。

理由は…

 

お客様の安心感の為です

 

です。よく思い起こして欲しいのですが

最近はファーストフードでも入り口に

 

本日の野菜は ◯◯県の◯◯さんのレタス

 

などの看板がでていたり、レストランや直売所にも

◯◯産のコシヒカリ!とか◯◯港の新鮮な魚、

など写真が出ていたりしますね。

その時に、『あ、この人が作ってるんだ』 『ここでとれてるんだ』と思い

意識していなくても安心していると思います。

スポンサードリンク

 

それと同様、マジマジと、どこどこの誰それが販売していて…

っとジーーーーと見るのではなく、ぱっとこの人が生産者なんだねという

ことが伝わるだけでいいイメージが伝わります。

 

そして何より生産者さんが所在しているということですね

きちんとお客様対応していますよという表現の場でもあります。

やはりネットはお客様にとっても購入のリスクが有ります

これ本当に美味しいの?っという味の不安もさることながら

やはり、ちゃんと届けてくれるか、万が一何かあった時に対応してくれるか。

そういったお客様不フォローの面も気にする方もいます。

安心と誠意を見せることでお客様もストレスや不安なく購入に至ることが出来ます。

 

ご自身が買い物するときなどを考えてみると、お客様の気持ちがわかりますよね。

販売者の住所などの記載は特定商法取引法で定められているので

必ず守るべき事項ですができれば 自己紹介ページなどあると

親近感のわくお店にもなります^^

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL