ネットで野菜が売れない?悩みを解決する方法は?

2014.8.14|インターネット販売

このエントリーをに追加

野菜が売れない

スポンサードリンク

自分で野菜を販売したい農家さんが

一生懸命ネットショップの作り方の書籍を購入したり

成功事例をテレビで聞いたり学んだりして

 

よし!自分も野菜をネットで販売するぞ!と

決心をして、お店を作る当初は

インターネットでお店を構えてすぐに

 

じゃんじゃん注文が来る!

と張り切っていらっしゃった方もいます。

 

 

しかし…ちゃんと勉強しているのに

一向に自分のお店にはアクセスが集まらず

SEOも上位表示されていないし売れない

 

『インターネットで野菜を販売するのは自分には無理?』

 

と落ち込んでしまいやめてしまう人もいます。

同時期にネットショップを始めた知人は売れていく

でも自分は売れない。勉強はするけど

具体的になにをしていいかがハッキリわからない。

自分が悪いんだ…

 

と凹んでしまうパターンも多く見受けます。

しかし、本当はやり方が合っていないだけで

やり方のピントさえ合えば売れるのです。

 

成功事例はあなたに見合っているか考える

成功者の書く著書は非常に刺激的で学びも得ることが多いですね

しかし、それはその方の市場や商品の特徴で売れるのであって

あなたの野菜に置き換えた時に売れるかどうかは不明です。

 

ネットショップはジャンル、商品、会社の規模、値段、価値により

スポンサードリンク

運営方法は異なります

ですから個人が大手の真似をすることは難しいし

服のジャンルで活かせる方法でも、野菜ジャンルでは活かせないこともあります。

 

それに気づかずにいると勉強だけはするけど

全く売れない店で終わってしまいます。

 

わかりやすく言うと

『バスケットボール選手になりたいのに野球の練習を一生懸命やっている』

という感じですね。

 

スポーツという同じくくりだけど 球も違うし人数も違う、練習内容も違います。

これがネットショップでも言えることで、商品ごとにネットショップもノウハウは異なります。

 

自分のお店の理想に近いノウハウを勉強する

偉人の言葉とか元気が出て励みになりますよね。

それはモチベーションを高めるためには良いですが

ノウハウ的なものはその著者の成功事例なだけであり

あなたに見合っているかは不明です。

 

 

それなら理想に近いお店のやり方をしている人のノウハウを勉強することと

あなたのお店のコンセプトはなに?と強く意識することで

あなたのお店とインターネット上での歯車が噛み合いやすくなります。

どんな人をターゲットにしてどんなお店を築いていくかを具体的にイメージしましょう

 

ただやみくもに野菜セットだけを載せておけば良いというものでもありません。

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL