野菜を売ってくれるドラえもんはいませんが…未来はあります

2013.10.25|売れる農家になるための方法 農家さんからの質問集

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

野菜を自分で売りたいのに

今の現状がとりあえず生活出来ているから

農業経営の危機を予測することが出来す

 

ネットサーフィンして

情報収集するだけで満足したり

 

出来ないことで諦めたり

机上の空論で片付けたり

 

 

 

 

  • わざわざ新しいことを取り入れなくてもいいや
  • しんどいこと、めんどくさいことやらなくていいや
  • わからないことをこれからするのもちょっと…
  • いまじゃなくていいや…

 

そう、現状維持ができている場合

危機感を感じつつも

楽な方へ楽な方へ逃げてしまいます。

 

変わらなきゃ、知らなきゃ、やらなきゃ

 

と思ってもなかなか行動にうつさない、

うつさない正当理由を

 

 

  • 忙しいから
  • 自分には無理だから
  • 今困ってないから

 

という言葉でごまかしがちです。

でも、心にもう一度正直になってみると
本来野菜を自分で売りたい

売り方を知りたい

今よりもっと売れるようになりたい

 

そういう思いがあったはずです。

しかし難しい壁にぶつかった時に

まあいいやと、見て見ぬふりをしてしまいます

 

それはすごく危険ですよ。

よく言われるのが

 

危機を感じたことは、偶然回避することはない

 

と。

 

悪い予感がした時にはもう落ちていく方に

スポンサードリンク

進んでいるんです。

見て見ぬふり、何かを我慢すればいいやと諦めたり

そうやって蓋をし続けて気がつけば

底が腐ってしまうのです。

 

新しいことをするのに

すごく気合が入ります。

 

しかし、変わらないと何も変わらず

現状維持ができていても少しでも危機を感じたこと、

想像したことがあるのであれば

それは予兆です。

 

あんなこといいな

できたらいいな

 

思い描く気持ちはよーーーくわかります。

 

でもドラえもんはいないんです。
種を蒔いて芽が出て花が咲いて実になったら

収獲は自分でしないといけません。

 

そうしないと収入になりませんよね。

それと同じで、やるべきことはすぐに自分でやらないと

目を離した好きにグングン伸びて食べれなくなるオクラのように

あっという間に、チャンスを逃してしまいます。

 

どの業界でも成功者のインタビューや

ドキュメントを見る限り『人一倍努力』をしています。

偶然成功はありえないのです。

 

 

しかし、ネットを使うとあなたの代わりの営業マンが出来ます。

そうすることで農作業の時間も確保できます。

その方法を私がお教えします。

そう、ネットで自分で野菜を売る方法です。

 

 

もっと情熱を持って仕事に取り組んでみませんか?

子どもや家族に、楽しいよ!と言える仕事したいですよね

その先に、すごくやりがいと、喜びを得ることが出来ます。

 

そのために少しの間真剣に勉強して下さい。

その先に続く未来の為に。

 

 

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL