自分の作る野菜を売るためにプライドと自信を持とう

2014.4.28|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

スポンサードリンク

前回にお話しました
⇒ 野菜が売れない?SNSの間違った使い方に注意

 

にブログやSNSで「売り込まない」
記載しましたが、誤解があるといけないので
補足です。

 

野菜を自分で売ることは
全く悪いことではありません。

 

今まで直売をしたことない人は
どうしてもお客様に直接販売することに
二の足を踏んでしまいます。

 

特に今まで農協を通していたり
市場に卸していたら後ろめたさもあり

 

  • 売っていいのかな?
  • 美味しいって自分で言ってもいいのかな?
  • 周りの人に批判されないかな?
  • 美味しく無いと言われたらどうしよう

 

などといった奥ゆかしい遠慮がちな感情を持ってしまいます。
そういう遠慮はマイナスです。

自分の作る野菜を売るためにプライドと自信を持とう

実際人から食べ物をいただく時に

 

あまり美味しくないかもしれないけど…

 

といわれるより

 

これ美味しいから食べてみて!

スポンサードリンク

 

と言われる方が興味を持てますよね。
そして何より美味しいと思っているなら素直に伝えるべきです。

 

  • 美味しい理由
  • 他と違う点(批判ではなく比較)
  • おすすめポイント
  • 出来るまでの過程や思い

 

などの部分はしっかりと伝えましょう。
前回お話したことの注意点と合わせると

 

説明もおろそかに売りたい一心で買って買って!ばかりだと
買う理由が見つからないので押し売りされてる感になります。

 

魅力をきちんと伝えて自信を持つだけで
買って買ってアピールを強烈にしなくても
自然に欲しくなってきます。

 

その中で最も効果的なのは第三者の声(口コミ)

これがあると販売者が言ってるだけではない信ぴょう性が上がります。
ブログなどでは販売や商品説明を淡々とするのではなく
食べた人の声を書くとかコメントしてもらうと
それだけで購買意欲につながります。

 

ブログを書く際に
どんな人に向けて書いているか、
何をしてもらいたいか(購入もしくは口コミ)
そこを見極めて書き分ける必要があります。

 

売るときは自信を持ったアピールが大事ですね

 

スポンサードリンク
コメント一覧

この記事にコメント

*

トラックバックURL