農業も綺麗ごとだけでは成り立たない

2014.12.20|売れる農家になるための方法

このエントリーをに追加

届け出

スポンサードリンク

大阪は暖かいです。
(着いた時は曇り、今は雨)

普段車から降りる時に

寒さで気合い入れるのですが…

上着なしでも寒くないから

拍子抜けしました^^;

暖かい〜と感動を…。

 

わたしは肌が寒冷地仕様のようです…。

 

野菜もそうなのでしょうね。

その地に適した農作物だからこそ美味しい

この地だからこそこの味とか。

 

と…余談になりましたが

 

今日は大阪でとても

良いお仕事ができました♪

心に残るやりがいある仕事。

これはわたしの押しつけではなく

オーダーでお客様の要望に答え、

形の無いものを1から作り、

欲しいものを形にしているところでも

お互いに満足感が高くやりがいがあります

 

自分で作ったものを

自分でお客様に届け

自分で感想を直接聞く

 

もし気に入らなかったら…

の不安も毎回つきものです

ですが、この喜びややりがいは

仕事に誇りを持てます。

 

農家さんの農作物もそうですよね^^

美味しいと直接言われたら

嬉しいし、励みになり、

そこにはお金ではない価値もありますね。

ただ実際は農業も綺麗ごとだけでは成り立たない

生産業という仕事。

 

売れないと収入にならないわけですから

なかなか思うようなことが出来ないこともあります。

良い野菜を赤字で売って労働力をタダで提供できる

現役農家さんってどれくらい居るのでしょう?

 

ボランティアでやっている人は

仕事ではなくて趣味です。

スポンサードリンク

 

わたしも仕事というのはやるからには

【利益】をとらなきゃいけないと思っています。

安売りして消費者は感謝はするけど

生産者の生活の面倒は見てくれませんよね^^;

わたしは仕事となるとシビアにみています
特にもの作りをしたことも無い

安売りが好きな人は手間賃というのは

見ている人は少ないです。

こんな値段で出荷して

利益あるのかな?という視点は無いです。

 

ですからそうではない

意識の高い人をお客様にしようと思うと

かなりの母数が減ってしまいます

 

ですがわたしはその少ない母数で勝負することにして

嫌な仕事や利益の取れない仕事は無理に受けない

と貫いています。

そうすると良いお客様と巡り会えます。

そして口コミをしてもらえます。

 

ただそうなるまでは厳しいときもありました。

理想だけでは食べていけない現状。

価値を伝えるのに知識が無い自分がいました。

最初は実を結びにくかったですが

コツコツ貫いてきました

結果がでない間は、自分の生活費は

自分の他のスキルでカバーしたりと

色々と施してきて今があります。
本来は本業で成功するのが目的

でもその過程で生活が成り立たないからと

諦めたくはない。

 

だからこそ農家さん意外でも

様々な目標を持つ人は

バイトに出かけたりしつつなんとか

目的を実現に向けていますね。

そのように、目的までの過程は

諦めないために

何でもやって見るのもいいと思います。

 

ただ本当にやりたいことを見失わないように…、

そうすることで実現していきます。

スポンサードリンク

この記事にコメント

*

トラックバックURL